Slack CRMとの連携

PipedriveのSlackとの強力な連携

Slack – すべてのやり取りを1か所にまとめることで会社の会話を整理できるアプリです。

PipedriveにSlackとの連携を追加して、やり取りの中で営業担当者とリーダーをつなげましょう。

追加した取引に関する更新

成立または失注した取引に関する更新

個人的な取引に関する更新

取引、人物または組織で検索

Slack向けPipedrive Dealbotでは、取引のアップデートをチーム間で即座に送受信できます。取引成立にチームの複数の人物の協力が必要か、取引のステータスについて社内全員に通知しておきたい場合でも、 Pipedrive CRM Dealbot がSlack内で自動処理してくれます。

営業担当者は、ミーティングをスケジュールしたり、長文メールを作成せずに、移動中でもマネージャーや同僚に情報を供給し続けることができます。

Pipedrive CRM Dealbot では、チームが次の大きな取引成立に向けて常に準備万端の状態を維持できます。

見込み客と顧客との関係をより速く構築する

Dealbotは、あらゆる取引の動きに迅速に対応できるよう支援します。リアルタイムでのSlackの通知と更新により、チームメンバーを調整して、次のステップで際立ったり、行動に移したりするときに連絡を取ることができます。

新しい取引や変更に関するSlackアプリの通知でセールスチームを強化します。インスタントアラート機能により、営業担当者と営業マネージャーはお互いの受信ボックスを詰まらせることなく購入過程で顧客を支援できます。

お気に入りのセールスツールと連携する

すべてのお気に入りのセールスツールを同じ屋根の下にまとめましょう。連絡先リスト、カレンダー、メールプロバイダーをCRMと同期させ、日常業務を合理化します。

Pipedriveにある人気の連携アプリディレクトリは、現在の技術スタックとCRMを組み合わせていますので、チームはより多くの取引を成立させる(タブを閉じる)ことができます。

Asana

Pipedriveで取引を作成、成立または移動すると、Asanaのタスクが自動的に作成されます。チームがCRMと連携する強力なプロジェクト管理ツールと協力するのを支援します。

Zoom

CRMからZoomミーティングをスケジュール、管理、開始します。Pipedriveのスケジューラーを使用して時間を提案してから、Zoomのリンクを追加し、アクティビティに通話を割り当ててワンクリックでミーティングを開始します。

Trello

Trelloのカード、リスト、ボードを作成し、CRMから離れずにPipedriveデータを入力します。Trelloワークフロー自動化テンプレートを使用して自動化されたタスクをすばやく設定します。

Google Meet

Google MeetをCRMソフトウェアに連携して、見込み客にビデオミーティングの一意の通話リンクを自動で送信します。ミーティングを管理してPipedrive内でワンクリックすると開始します。

Aircall

どこからでもコールセンターを構築し、カスタマーサポートを向上させます。AircallをPipedriveに追加すると、自動的に見込み客との通話を記録し、コールルーティングと録音の機能で時間を節約できます。

Gmail

Gmailを離れることなく新たなリードや見込み客に連絡するために必要なコンテキストを入手します。連絡先、取引、アクティビティ、メモなどのPipedriveにある情報をすべてサイドバーから作成して編集します。

Mailchimp

美しくパーソナライズされたニュースレターやキャンペーンを送信し、より良い顧客体験を提供します。MailchimpとPipedriveの連携により、各リードをそれぞれ1つずつリードセグメントに調整します。

Xero

Pipedriveに請求書を自動的に作成し(会計士は必要ありません)、支払いが完了するまでステータスを追跡します。 Xeroの連絡先とリンクし、Xeroからの請求書をPipedriveに引き出し、連絡先で請求書データを集計します。

Zapier

ZapierとPipedriveの連携により、技術スタック内のすべてのアプリを接続します。Facebookからの新たなリードをパイプラインに追加するか、単一の「zap」で自動的に新しいCalendly招待を作成します。コーディングは不要です。

Outfunnel

マーケティングキャンペーンをCRMに接続して24時間体制で連絡先リストを更新します。リードがサイトに訪問しているタイミングと閲覧内容を確認して、セールスとマーケティングが特定のニーズに合わせてメッセージを調整できるようにします。

Plecto

会社の分析を強化します。最も重要な指標を表示するPipedriveのカスタムダッシュボードを作成し、ゲーム的な手法でチームを動機づけて共通の目標を達成しましょう。

Missive

ソーシャルメディアの受信ボックスを一元化することで接続を決して見逃しません。Missive との連携により、チームは受信メッセージを管理し、メインのメール、SMS、WhatsApp、ソーシャルメディアのワークスペースで共同作業を行うことができます。

セールスパイプラインを共同作業にする

PipedriveとSlackを連携して常に全員に情報共有します。Slackメッセージを使用して営業担当者にリードのアクティビティを通知すると、担当者はトップに加わり、取引をパイプラインに沿って引き続き進める方法を見つけ出すことができます。

チームのミーティングとメールの時間を節約します。リアルタイムでのアップデートと専用のSlackチャネルを使用すると、営業担当者は一緒に問題を解決し、迅速に取引を完了できます。

やり取りのワークフロー自動化を構築する

自動化されたワークフローを作成して手作業のタスクを処理すると、営業担当者はより多くの時間を販売に費やすことができます。セールスパイプラインを通じて取引を自動的に移動し、指一本動かさずにCRMの見込み客データを更新します。

SlackとCRMの連携の使い方は以下の4通りです:

新しい連絡先を評価する

新しい連絡先がPipedriveに追加され次第、評価するよう、あなた自身またはチームメンバーに通知します

リードをすばやくフォローアップする

自動化されたメールでも、同僚へのフォローアップアラートでも、次のアクティビティの予定を立てます

物事を前進させ続ける

見積書や契約書の準備など取引段階が進むときに行動を起こすよう同僚にアラートを出します

会話を検索する

スラッシュコマンドを使用して、Pipedriveにある取引、人または組織をすばやく見つけます

コラボレーションしてさらに取引を獲得する