最高のCRMリード管理ソフトウェア

有望なリードを評価し、タッチポイント全体で見込み顧客と関わり、限りない販売のチャンスを発見します。Pipedriveのリードマネージャー向けCRMは、リード生成プロセスを合理化してデータを収益に変換するよう支援します。

リードマネージャーがCRMで必要とするものとは?

リード管理CRM(顧客関係管理)ソフトウェアは、リードを支払う顧客に育成することを可能にします。手間がかかるだけの仕事を自動化し、多くの複雑なセールス戦略を監視してリードデータを1つのプラットフォームに統合します。

プロセスの視覚化

セールスチームは明確な目標を持って最高のパフォーマンスを発揮するようになります。セールスプロセスで重要なリードを優先してプロセスの穴を塞ぎます。運営全体の俯瞰的な概要を掴み、チャンスを逃さないでください。

リード格付け

リードマネージャーは、収益を上げるために潜在的な見込み顧客に投資しなければなりません。提供内容への関与と関心をもとに連絡先をランク付けします。それに応じて優先順位を付け、より多くの顧客を獲得しましょう。

リードの育成

すべてのリードがすぐに購入する状態にあるわけではありません。関心の低いリードを特定し、的を絞った育成キャンペーンを考案しましょう。カスタマイズされたコンテンツの価値を示し、セールスファネルを通じて顧客を導きます。

オムニチャネルコミュニケーション

複数の連絡先管理ツールのバランスをとることは忘れてください。複数のソースからリードを取得し、セールスパイプラインに連絡先詳細をインポートします。セールス担当者がリード情報に簡単にアクセスしてリーチできるようになります。

ワークフローの拡張

退屈な管理は強力な自動化プロセスに任せましょう。セールス業務を割り当て、リアルタイムのミーティングをスケジュールし、リード管理システムを使用してセールスパイプラインからリードの進捗を監視します。

連絡先のセグメント化

適格なリードをグループに分けて、それに応じて連絡を取ります。購入者の行動、エンゲージメントの程度、やり取りの履歴などの特性を使用してリードのセグメントを作成し、強力なセールスキャンペーンを考案します。

リードマネージャーが効率的にセールスのリードを管理するためのPipedriveによる支援方法

成長している企業は、特に自社の製品やサービスがより注目を集めているため、インバウンドの問い合わせに圧倒される可能性があります。見込み顧客の情報を処理して活用しようとするセールスマネージャーにとって、リード管理ソリューションは欠かせません。

リード管理に最適なCRMは、マネージャーが新しいリードを評価し、タスクを任せてセールス業務を360度俯瞰できるよう支援します。

連絡先情報を一元化する

さまざまなツールにリード情報が散らばっている場合、セールス担当者はアウトリーチ戦略を整理するのに苦労します。

Pipedriveは、見込み顧客と顧客情報の中央ハブを提供します。部門を越えてタッチポイント、設定およびやり取りの履歴をインポートし、次のターゲットについて迅速かつ手短かに担当者へ伝えてくれます。

Pipedriveでリード情報を簡単に処理できます

データに基づいた意思決定を行う

戦略をもとに構築し、広範かつ詳細なレポートで壊れたプロセスを修復します。

チームのパフォーマンスを監視し、視覚化されたダッシュボードでKPIに対するパフォーマンスを測定します。取引の獲得・失注状況を観察し、最も効率的なセールス活動を特定して収益予測機能で成長を予測します。

Pipedriveの詳細なレポートを使用して操作を強化します

ワークフローと財務を合理化する

担当者が記録を手動で更新する手間を省き、リード育成に集中する時間を与えます。

Pipedriveが退屈な管理の対応をしてリードや取引をセールスパイプラインへ自動的に移し、会計と統合して財務を管理します。

Pipedriveを使ってよりスマートに作業

優れたカスタマーエクスペリエンスでリードを育成する

リードが購入できる状態になると、リードとの関わり方ですべてが変わります。

PipedriveのCRMシステムを使用して、場所、購入者の行動、タッチポイントおよびやり取りの履歴でリードセグメントを整理してください。カスタマイズされたセールス戦略を展開し、パーソナライズされたフォローアップメールを送信してリードが関与して満足している状態にしましょう。

Pipedriveでリードを育成する

プライバシーと安全なデータ使用を常に保証する

リードマネージャーは、自社の事業とクライアントのデータが安全に機密保持されるようにする必要があります。

Pipedriveのセキュリティダッシュボードを使用すると、1か所からすべての会社データを管理できます。ログイン、データダウンロードおよび認識されていないデバイスを完全に可視化して見せます。不審なアクティビティに対するアラートと強制ログアウトでセキュリティリスクを迅速に止めます。

Pipedriveでデータを保護する

効率的なCRMソリューションでリードマネージャーが達成できること

Pipedriveのリード管理ツールを使用すると、新しいリードを取り込んでセールスチームを組織して割り当て、業績の重要な洞察を得ることができます。

  • リードを獲得して満足する顧客に変換します
  • さまざまなタッチポイントで顧客情報を記録します
  • ソーシャルメディアのアウトリーチ活動を追跡し、メールマーケティングキャンペーンデータを分析します
  • リードの顕著な情報源を特定し、リード生成の取り組みを再度ターゲットにします
  • すべてのワークフロー、やり取り、そしてアウトリーチの取り組みのためのパイプラインを構築します
  • カスタム情報フィールドを使用して購入者のペルソナを作成します
  • リードのスコア付けで最も貴重な連絡先を決定します
  • 重要な書類と製品情報を1つのハブに一元化します
  • 統合により会計を自動化し支払いワークフローを作成します
  • 貴重な企業データをクラウドに安全に保存します
  • 顧客セグメントと購入履歴に基づいてパーソナライズされたメッセージを送信します
  • 洞察に満ちた分析によって燃料となるパフォーマンスレポートを作成します
  • 正確な収益予測を使用して次のレベルの戦略を開発します

利用中のCRMを使用してリードをより良く管理する方法

  • 1. リードをグループ化してセグメントに分ける

    御社が事業拡大するにつれて、インバウンドからの問い合わせの飛躍的な増加を担当者は経験することになります。リードのタイプをグループ化するための頑健なフィルタリングシステムが必須です。

    Pipedriveをインストールすると、カスタムフィールド機能を使用して固有の顧客セグメントをセールスパイプラインに組み込みます。やり取りや購入履歴などの連絡先データを使用し、見込み顧客をグループ化して戦略的にリーチしましょう。

  • 2. 新しいデータすべてをCRMソフトウェアに移動する

    セールス担当者が記録を手動で更新して連絡先データを記録せざるを得ない場合にどれだけの時間が無駄になるか、リードマネージャーであるあなたは把握しています。

    Pipedriveでは、すべてのタッチポイントをセールスパイプラインに案内します。ライブチャット履歴、チャットボットケース、電子メールおよびウェブフォームをCRMにインポートし、セールス担当者が必要に応じて再訪問できるように、すべての顧客とのやり取りを記録します。

  • 3. 視覚化されたダッシュボードを使用してKPIを区分する

    インサイトとレポートの機能を使用して、特定のチームを監視し、収益を予測して特定のセールス活動を監督します。

    例えば、新しく採用されたインターンの統計を監視したり、パイロットセールス戦略の有効性を注意深く観察したりすることができます。Pipedriveで最も気になるメトリックを区分します。

  • 4. セールスとマーケティングを調整する

    リード獲得後または販売後すぐ、Pipedriveは自動的にアクティビティを顧客のプロフィールに関連付けます。マーケティング部門はこのやり取りを利用し、フォローアップ戦略を考案することができます。

    Pipedriveのワークフロー自動化は、このプロセスから生じる面倒を取り除いてくれます。新しいリードまたは販売をチームに自動的に通知し、関連製品をフォローアップして新たなマーケティングキャンペーンのステージを設定します。

  • 5. プライバシーを管理する

    安心なしでは事業を継続できません。データ漏えいは、業務に深刻な混乱を引き起こすおそれがあります。

    Pipedriveのセキュリティセンターは、データの使用方法の完全な透明性を実現します。ルールと疑わしいアクティビティのアラートを設定して個々のユーザーアクセスを制御し、世界有数のクラウドストレージをお楽しみください。

PipedriveとLeadBoosterがJuiceBarの並外れた需要を管理するために支援した方法

電気自動車充電プロバイダーのJuiceBarは、HTMLを使った連絡フォームの質が悪いために機会を逃していました。成長ディレクターのJackson Haskellは、自社のCRMをSalesforceから移行するタイミングが来たと確信しました。

Jacksonは以前にPipedriveを使用したことがあったので、より多くのリードを獲得するためにはLeadBoosterが完璧なCRMツールであることを知っていました。これまでのところ、チャットボット機能はコンバージョンをほぼ2倍にし、ライブチャットは複数の貴重な機会を生み出しました。

「Pipedriveにより、アウトバウンドアクティビティの大幅な規模拡大が可能となり、それをサポートする管理業務を最小限に抑えることができています。」

ケーススタディを読む

LeadBoosterでリードを捉えて常に満足させる

新しいリードを手動で選んで育成することは負担となる可能性があります。PipedriveのLeadBoosterアドオンを使用して24時間年中無休でリードを見つけて関与しましょう。

ウェブフォーム、ライブチャットおよびカスタマイズ可能なチャットボットを使用して、チャネル全体で見込み顧客を引き付けて対話します。LeadBoosterのプロスペクター機能を使用して、顧客プロファイルに基づいてリードを自動的に生成します。

PipedriveとLeadBoosterで会話をコンバージョンに変換します。

リード受信ボックスでパイプラインを整理する

事前審査されたリードを有効な取引とは別にPipedriveにある専用のリード受信ボックスで保管しておきましょう。早い段階でリードをファネルから落とすことなく、最もホットな見込み顧客に焦点を合わせます。

アクティビティ状況、作成日、ソースなどでリードをソートしてフィルタリングします。カスタマイズ可能なラベルと列で、ビジネスニーズに合わせてリード受信ボックスを設定します。

Pipedriveのリード受信ボックスでパイプラインを整理された状態に保ちます。

ウェブ訪問者でトラフィックを明らかにし、フィルタリングしてランク付けする

どの企業が御社のウェブサイトと関与しているかを確認し、関心が高い間に連絡を取ります。Pipedriveのウェブ訪問者アドオンは、最もホットなリードを明らかにし、ランク付けするよう支援します。

ウェブサイトでのリードと顧客の行動を理解するには、インサイトをご使用ください。閲覧内容を確認し、訪問したページごとに自動でランク付けします。

Pipedriveのウェブ訪問アドオンでさらにリードを見つけましょう。

セールスに関する技術スタックとの連携

リードマネージャー向けの画期的なCRMでワークフローを強化しましょう。Pipedriveをお好みのコミュニケーションツールやデータ編成ツールと組み合わせることで真に最適化された操作を実現します。

大企業と小企業のリードマネージャーにとって不可欠な連携の一部はこちらです。

Ohmylead

潜在顧客を特定し、最高品質のリードをCRMに届けます。正確な見込み顧客のスコアリングと超高速なフォローアッププロセスでリードを引き付けて変換します。

Ohmyleadを使用してパイプラインを高品質のリードで埋めましょう。

Wishpond

新しいリードを生成、管理、育成します。Wishpondは、リード生成ツールと監督ツールを多数提供していす。信頼性の高いリードをPipedriveにインポートし、セールスパイプライン内で整理します。

Wishpondで複数のチャンネルからデータを収集しましょう。

CallGear

関連するチームメンバーに電話をかけ、着信の指標を分析します。通話が来たらすぐにリードカードを手に入れ、チーム全体で連絡先のメモと情報を共有します。

CallGearで通話をシンプルにしましょう。

Hugo

Hugoではミーティングのメモを一元化します。議題でコラボレーションし、ミーティングテンプレートで目標設定、Pipedriveの連絡先にメモを同期し、ミーティングを最適化します。

PipedriveとHugoでミーティングに変革を起こしましょう。

Gamifier

カスタマイズされたゲーム的な手法で生産性を向上させます。データ分析と楽しいゲーム要素を組み合わせることで、意欲的な文化を創造してください。

PipedriveとGamifierで御社のスタッフにもう1度参加してもらいましょう。

MightyForms

影響力のある連絡フォームとワークフローでノーコードの力を活用します。フィールドごとに分析パフォーマンスを追跡し、放棄されたフォームからのデータを使用して失われたリードを再び捉えます。

MightyFormsで見過ごす機会をなくしましょう。

適切なCRMでより効率的に関係構築