不動産向けセ-ルスCRM

不動産向けの顧客関係管理ソフトウェア(CRM)を使用すると、不動産のプロの生産性が26%(情報源:REAL Trends)向上します。土地、住宅用物件、商業用物件、工業用物件のどれに取り組む場合でも、Pipedriveは外出先で取引先を追跡することにより、時間を節約して収益を増やします。

  • 不動産、投資家および購入者向けのパイプラインを作成する
  • 顧客との会話をデジタルで追跡する
  • 展示の合間にフォローアップして携帯電話でメモを取る

Pipedriveが最適な不動産向けCRMである理由

CRMソリューションで不動産の売上をどう上げることができるのか、そしてPipedriveがその答えである理由をご確認ください

不動産、購入者または投資家向けのパイプライン

1つのツールを使用して、独自の視覚的なパイプラインで各ポートフォリオを追跡します。

  • 各機会がどれほど取引成立に近いか確認する
  • 最初に取り組むべき機会を優先する
  • データをすばやくインポートするか、サンプル物件をすぐに確認する

会話履歴を追跡する

電話やメール、WhatsAppのメッセージを確認して、後でフォローアップを確実に行います。

  • 会話の内容を覚えておく
  • 顧客と物件ごとにメッセージを整理する
  • 最後に顧客に連絡した時間を確認する

現地で携帯電話から仕事する

忘れてしまう前に話した内容を記録し、当社のモバイルアプリで物件詳細にアクセスします。

  • 展示の合間に音声メモを取る
  • 時間通りにフォローアップするためのリマインダーを受け取る
  • 物件やクライアントの情報をどこでも更新する

不動産向けCRMとは?

不動産向けCRMソフトウェアにより、リード、見込み顧客、既存の顧客などの連絡先とより強力な関係を企業は管理および構築できます。不動産業者に最適なCRMは、すべての連絡先データを整理された1つのシステムに保持し、日常的なタスクを自動化します。

購入者や販売者に関するデータ入力

購入者や販売者の詳細を手動で記録していると、潜在的な購入者との取引を成立させたり、育成したりするために費やす時間が減ってしまいます。不動産向けCRMソフトウェアでは、連絡先の詳細、やり取り、そしてアクティビティをすべて自動で入力できます。

ファネルの完全な可視化

潜在的な購入者や販売者とのアクティビティすべてを常に把握することは困難です。不動産業者向けCRMは、パイプライン内に存在するすべての連絡先がどこに位置していて次のステップをどうすべきか示し、ファネルの次のステージに自動で移動することで把握することを簡単にします。

物件の詳細

不動産向けCRMは、連絡先だけでなく、それ以上のことを管理できます。CRMで物件の詳細を収集して整理することで、御社(または潜在的な購入者)が必要と思う際にはいつでも、すべての情報をすぐに利用できるようになります。

顧客に関する分析情報

顧客とのミーティングを予定していますか?不動産向けCRMは、ボタンをタップするだけで関連するメモを表示できるため、真にパーソナライズされたサービスをいつでも提供できます。

フォローアップおよびリマインダー

自動のメッセージとリマインダーで取引を動かし続けます。不動産に関心のある方をフォローアップする場合でも、既存の顧客を確認する場合でも、不動産業者向けCRMは連絡先を忘れないことを保証します。

詳細な分析

取引成立となる可能性が最も高い取引先はどこですか?セ-ルスサイクルの期間はどの程度ですか?どのタスクとアクティビティが1番良い結果を出していますか?最適な不動産向けCRMは、詳細に分析することにより、何が機能しているか(そして何が機能していないか)正確に把握するよう支援し、より賢明な意思決定を行うことができます。

無料の不動産セ-ルス電子書籍(英語)をダウンロードする

不動産セ-ルスに関しては、適切なプロセスを持つことが欠かせません。不動産向けCRMソフトウェアにより、そうしたプロセスを自動化し、顧客をセ-ルスファネルに系統的に移動させることができます。

この電子書籍では次の方法について説明します:

  • 不動産向けCRMをセットアップする

  • 販売者の家の価格を正確に設定してリスティングを設定する

  • セ-ルスプロセスを整理して合理化する

  • 完全に信頼できる市場比較分析を実施する

  • パフォーマンスの高いプロモーションキャンペーンを作成して自動化する

  • チーム全体のタスク管理を改善する

  • 上司のように交渉する

  • 冷え込んだリードを温めて営業をクロージングする

CRMが不動産管理にとって重要である理由

不動産業者が不動産管理にCRMを使用する主な理由の1つは、セ-ルスプロセスを整理し、効率を向上させて顧客との関係を管理するためです。関係が良好であると、新しい物件がリストに載る前に有利なスタートを切ることができ、適正な価格を決定して強力なリード生成のツールである口コミ広告を作成する助けとなります。

これらの関係を強固に保つには、顧客を頻繁に確認する必要があります。つまり、入手可能な物件、近所に住む可能性のある人、顧客の要件など何にせよ、適切な情報を適切なタイミングですぐに利用できるということです。

特定のニーズに合わせて簡単にカスタマイズできる優れた不動産向けCRMは、すべてをうまくこなすよう支援します。Pipedriveを使い始めると、御社の事業にさらに多くのメリットがあることがすぐにわかるでしょう。

よりスマートなレポート

不動産業者の売上目標には紹介料や販売手数料などの多くの変数が影響を与えているため、年間ノルマを達成しようとしながらコストを抑えることは悪夢になる可能性があります。

不動産向けCRMは、視覚に訴えるチャートやレポートを通じてコンバージョン率などの主要な指標を習得するためのツールを不動産業者に提供します。Pipedriveのよりスマートなレポートにより、業者は現在の顧客、その財務状況、そして収益目標達成に必要な点をより明確に把握できます。

リードをより簡単にセグメント化

不動産業者の規模に関係なく、大量の問い合わせやリストの管理は大変な作業になる可能性があります。適切なCRMによる物件管理ソリューションでは、リード獲得フォームのリストをセグメント化するツールを提供し、貴重な時間を節約します。

Pipedriveにより、リードがセールスファネルのどこに到達し、どのリストに属するかご自身で管理できます。予算、タイムライン、さらには郵便番号で見込み顧客をセグメント化するかどうかを選択できます。

自動でフォローアップ

リードを育んで引き付け続けるには、好奇心旺盛な購入者やテナントを不動産業者が一貫してフォローアップする必要があり、この部分が1日の大半を占めます。Pipedriveなどの不動産向けCRMは、カスタムテンプレートでフォローアップを簡単に自動化し、独自のトーンとスタイルを維持できます。一般公開から5日後でも、新しいテナントが家に引っ越してから6か月後でも、Pipedriveはフォローアップするようお知らせします(または、お好みであればメールを送信します)。

不動産でのCRMの機能

不動産のプロ向けの適切なCRMは、日々のタスク管理とリード管理を支援して次のことを可能にします:

  • 顧客と物件の詳細である写真などを整理して簡単にアクセスできるようにする

  • 連絡先情報を最新の詳細とともに自動で更新する

  • メールのリマインダーと通知でプロセス全体を通じて顧客とのつながりを維持する

  • クラウドソフトウェアとモバイルアプリを使用してリモートで業者を支援・管理する

  • リードを優先してリード認定システムを確立する

  • メール追跡を使用してクリック数と開封件数をもとにリードの関心の有無を確認する

  • 新規顧客を迎え入れて次のステップを説明する

Pipedriveで不動産会社が収益を20%増やした方法

不動産業者向けソフトウェアは、今日の困難で刺激的な市場で成功するために不可欠です。CRMソフトウェアを使いこなす会社は、より高い需要を処理でき、紙のメモとExcelスプレッドシートだけで「整理されたまま」にしている競合他社よりもはるかに優れています。

Pipedriveの連携とカスタマイズ可能なCRM機能を利用することで、スペインを拠点とする不動産会社のJ’achète en Espagneはより迅速に購入者と販売者をフォローアップすることができました。さらに、メールを自動化することで、顧客に付加価値を提供して評判を上げることができました。

その結果、2019年下半期には収益を20%増やすことができました。

ケーススタディを読む

以前よりも多くのリードと顧客をフォローアップすることができましたが、社員の人数を増やす必要はありませんでした。

Thomas RouerJ’achète en Espagne、創設者

不動産ビジネスに適したCRMの選択

顧客に最適な家を見つけるのと同じように、御社特有の状況に適したCRMプラットフォームを選択することが重要です。残念ながら、すべてのCRMが不動産業者に適しているわけではありません。不動産でのCRMについて調べると、多くは複雑すぎて(習得に数か月かかり)、物事を遅くしてコラボレーションを困難にする役に立たない機能を持っているという答えが出ました。

不動産業界を念頭に置いて構築されたCRMでは、こうした問題に遭遇することはありません。Pipedriveを設計するにあたり、連絡先管理やリード追跡など、不動産販売のあらゆる側面を整理する上で最良と考えられるツールの作成に着手しました。

住宅用不動産や商業用不動産を考慮したCRMソリューションを評価する際に求めるべき点は次のとおりです:

使い方がシンプル

不動産では1分1分が命です。最も無駄なのは、別のソフトウェアの使い方をさらに学ぶために時間を費やすことです。

その代わりに、使い始めるために数週間のトレーニングや開発者のチームを必要とせずに簡単に使用できるCRMシステムを探してください。Pipedriveでは3分以内に立ち上げて使い始めることができます。

組み込まれたマーケティングツール

不動産に適したCRMでは、ユーザーがトリガーするメールやテキストメッセージ、ドリップメールキャンペーン、オートレスポンダーを設定できます。

Pipedriveによるワークフローの自動化を行うと、フォローアップとメールを自動で送信して、購入者が自分のミーティングをスケジュールできるようにし、より多くの取引を成立させることに集中できるようになります。

ネイティブモバイルアプリ

不動産で働くということは、外出先やオフィス外で多くの時間を過ごすことを意味します。

Pipedriveは携帯用に設計されたCRMで、iOSとAndroidの両方でご利用になれます。スマートフォンをただ手に取ってアプリを開き、数回タップするだけで必要なものがすべて揃います。

簡単な連携

多くのプロは、さまざまな不動産ソフトウェアを頼りにして仕事を管理しています。

不動産業者向けCRMを選択する場合、既存の技術スタックと連携するCRMを探しましょう。そうすることで、販売やマーケティングなどの必須ツールがすべて調和して機能するようになります。Pipedriveには300を超えるアプリと連携するマーケットプレイスが付いており、お気に入りのツールをリンクして機能を拡張できます。

2021年の最も優秀な不動産向けCRMソフトウェアに選出されたPipedrive

Pipedriveは、顧客を管理して不動産市場でのセ-ルス活動を追跡するための最も効果的な不動産ソフトウェアソリューションの1つとして認識されています。

Pipedriveは、直感的なユーザーインターフェイス、マーケティングの自動化、何百もの連携を備えたマーケットプレイス、あらゆるモバイルデバイスでアクセスできるネイティブモバイルアプリなど、不動産業者の仕事を容易にする機能で設計されています。

不動産向けCRMの設定

ニーズに合った物件管理のCRMを選択したら、意図したとおり正確に機能するよう設定する段階に入ります。不動産業者の御社を対象としたCRM設定方法の例はこちらです。

  • 1.リードが最初にファネルに到達したときのためにCRMをカスタマイズする

    潜在顧客に関する詳細を収集する際には、カスタムフィールドを設定することで、可能な限り最高のサービスを得るために必要なすべての情報を確実に入手できます。例えば、物件で探している寝室の数、予算、さらには近隣の学校や病院の有無によってリードをセグメント化できます。

    潜在顧客の詳細をファイルに保存するだけでなく、潜在顧客の探しているものが正確にわかるので、適切な物件が市場に出たときにフォローアップするのが簡単になります。また不動産調査活動を多くこなしてチャンスを逃さないようにすることもできます。

  • 2.電話でフォローアップする

    新しいリードがちょうどウェブフォームに入力してファネルに入ったとします。そうすると次は彼らを歓迎するウォームコールでフォローアップする番です。夢の物件をすでに探し中であることを知らせましょう。

    リードと連絡をとったら、あとはボタンをクリックするだけで、CRMがパイプラインの次の段階に見込み顧客を進めます。また、見込み顧客と次のステップに進むタイミングの通知も受けます。つまり、適切な物件が現れたタイミングです。

  • 3.潜在的な物件に注意を払う

    不動産業者として不動産市場には常に耳を傾けています。リスティングがまもなく市場に出ると予想される場合、この情報をCRMに入力しましょう。

    そこから腰を落ち着けて、行動を起こすときが来たらCRMに通知してもらいます。また、物件や関心を持っている可能性のある潜在的な購入者について収集した関連情報もすべて引き込みます。購入者のニーズに合った物件を見つけると、不動産ソフトウェアが自動でアラートを出します。

  • 4.適切なタイミングで潜在的な購入者と連絡を取る

    市場で新鮮な魅力溢れる物件を所有し、パイプラインで完璧に合うリードを獲得しています。次のステップは連絡を取ることです。

    これまでのリードで得た連絡先はどれもCRMにアーカイブされるため、連絡するとソフトウェアがその顧客上でメモを表示します。顧客が物件見学や住宅展示会参加のために予約したら、CRMのセ-ルスパイプラインの次の段階に移すことができます。

  • 5.交渉段階で取引を成立させる

    購入者の関心を維持し、販売者は取引の進捗状況に満足しています。次は、取引を成立させる段階です。どの不動産業者にとってもストレスの多い時かもしれませんが、CRMはあなたの味方です。

    不動産に最適なCRMでは、問い合わせに迅速に対応し、購入者と販売者とのミーティングを手配して結果を追跡することができます。また、契約書やメールテンプレートを保存して、潜在的な購入者へのフォローアップをより効率的にすることもできます。

    これにより、鍵を渡して契約に署名する前に潜在的な購入者との最終実地検証を確実に行うことができるようになります。物件に満足されていることがわかると、CRMでの取引の最終段階に移すことができます:つまり、販売後の書類への署名です。

  • 6.書類署名後すぐ個別に接触する

    書類への署名は取引で最も欠かせない段階です。あなたはこうした契約の専門用語を理解していても、購入者や販売者が理解する可能性は低いものです。そのため、彼らが確かでない取引の条件や部分については時間をかけて説明するようにしてください。

    PipedriveのSmart Docs Pro機能では、不動産CRM内からドキュメントとテンプレートを作成して管理でき、同僚や連絡先とリアルタイムで共有できます。さらに、電子署名機能も付いています。

    すべての書類に署名されたら、次は鍵を渡します。CRMをセットアップすることで、取引をセ-ルスファネルの最後に自動で移動することができます。

    ただ、PipedriveのCRMの存在が本当に際立つのは不動産取引終了時です。パイプラインにカスタムフィールドを設定すると、新規購入者の入居日にアラートを出すことができます。そうすれば、取引が忘れられることなく、新しい住宅所有者に引っ越し祝いを(販売者への贈り物と一緒に)送ることができます。

    不動産業者を際立たせるのはこのようなささいな接触ですので、不動産ソフトウェアを利用して他社より目立つようにしましょう。

世界中の不動産業者がPipedriveで素晴らしい成果を上げています

機能と連携による不動産CRMのアップグレード

連携は、物件管理CRMの秘密兵器です。適切に連携すると、不動産販売活動が強化されるだけでなく、仕事のあらゆる面でチームを支援する機能が加わります。

不動産CRMに欠かせない最高の連携の一部はこちらです。

コーラー

コーラーは、アクティビティとして連絡先と取引の下で通話情報、通話元、通話録音を自動的に記録する着信通話追跡ソフトウェアです。

ご使用中のCRMメール連携と同時に、(不動産の勧誘電話活動など)通話を把握する優れた方法です。

チャットボットおよびライブチャット

PipedriveのLeadBoosterアドオンでは、複数のリード生成ツールにアクセスできます。 チャットボットとライブチャットにより、チャットウィジェットをウェブサイトに統合できます。

チームは、関心のあるウェブサイト訪問者をセ-ルスパイプラインに直接追加し、CRMにメモして後で連絡することができます。

不動産向けCRMソフトウェアを強化するその他の方法については、Pipedriveとの連携を包括するマーケットプレイスをご確認ください。

管理業務は時短して、取引成立のためにより多くの時間を費やしましょう!