CRMとセ-ルスの統合

セ-ルス業務を拡大するためのCRM統合

CRMが自立型システムとして並外れたものであっても、他のアプリケーションとシームレスに接続できれば、CRMはさらに優れたものになります。さまざまなビジネス機能と回避策を強化するためのシステム間のワークフローを担うのが統合です。また、中小企業はほんの一握りの統合しか利用していないと思われる一方、大企業は多くの場合100以上の統合を利用しています。この数は、企業がビジネス環境に新しいツールを実装するにつれて徐々に増加します。

企業規模を問わずビジネスのニーズを満たすために、Pipedriveのマーケットプレイスは、ビデオ通話やリード生成、電話ソリューション、カスタマーサポートなど、さまざまなカテゴリのお気に入りのツールとPipedriveを接続する275以上のすぐに使えるCRMとの統合を提供します。

それでも適切な統合が見つからない場合は、オープンAPIやその他のアプリプラットフォーム機能を使用して、いつでも独自の統合を構築できます。

即時にアクセス。クレジットカードは不要です。

4.5/5

4.3/5

4.3/5

4.8/5

4.5/5

4.5/5

CRMとセ-ルスの統合

ソフトウェアの機能

GoogleやMicrosoftとの連絡先同期

CRM設定時に通常行う最初のアクションの1つは、連絡先をGoogleやOutlook、iCloudなどから新しいCRMシステムにインポートすることです。

Pipedriveの連絡先同期機能を使用すると、手動でのインポートを忘れて、外部プロバイダーからの連絡先を、名前や連絡先のフィールド(電話番号、住所、会社名、メモなど)を数回クリックするだけでPipedriveと簡単に同期できます!

次が含まれます:

連絡先

カレンダー同期

Google Driveとの連携

音声メモ

音声録音を簡単に取り込んで添付し、音声文字変換機能で音声メモをテキスト形式のメモに直接自動的に変換します

フォーカスビュー

モバイルアプリからその日の最も差し迫った事柄に関連する情報を確認します

ウェブからモバイルへの通話

数回クリックするだけで、Pipedriveのウェブアプリから直接モバイルデバイスで通話を開始できます

周辺地図

連絡先のエリアにいる際に立ち寄ることができるように、マップ上で近くにいる連絡先の住所を確認します

ソフトウェアの機能

GoogleやMicrosoftとのカレンダー同期

複数のカレンダーを使用すると、時間がかかるだけでなく、二重に予約したり、それ以前に予定の入力を忘れたりするなどのヒューマンエラーが発生しやすくなります。

Pipedriveのカレンダー同期を使用すると、ミーティングやアクティビティの見落としを確実に防ぐことができます。一方向同期でGoogleやOutlookなどのカレンダーをPipedriveと同期するか、または双方向同期でPipedriveに加えた変更を保存して外部のカレンダーにも表示させます。

Pipedriveのカレンダーは、同期以外にも計画されたアクティビティの概要をわかりやすく示します。すべてのアクティビティをToDoリストとして表示し、カレンダー内から直接アクティビティを追加、変更または削除します。

また、Pipedriveのカレンダーを使用することで、ミーティングをスケジュールする時間を節約することもできます。カレンダーで対応可能状況を設定して招待者とリンクを共有すると、招待者が時間枠を選択してあなたとのミーティングを予約できます。

マーケットプレイス

275以上のマーケットプレイスとCRMの連携でCRMを強化します。アカウントをXeroやTrello、Asana、Slackなどの人気のあるサービスに接続します。

お気に入りのアプリを使用することも、通話やメールマーケティング、リード生成、会計処理などのための新しいソリューションを見つけることもできます。時間と労力を節約し、生産性を高め、CRMがビジネスのニーズに確実に合うするように設計された連携が数多く存在します。

また、マーケットプレイス連携の設定も簡単です。多くのCRMとの連携は1回クリックするだけで設定が完了し、他の大部分の連携についても、もう数回クリックするだけです。

必要なCRMとの連携が見つかりませんか?強力なAPIを使用して構築するだけです。

さらに詳しく

API

当社のマーケットプレイスは275以上のCRMとの連携を提供していますが、膨大な選択肢があっても、世の中すべてのアプリを網羅しているわけではないことをわかっています。特定の連携を念頭に置いている場合は、いつでもオープンAPIを使用して連携を作成できます。

ご自身で試してみて、連携がいかに簡単かご確認ください。サンドボックスアカウントの1つを使用してオープンAPIを操作し、ビジネスに必要な連携を構築します。ステップごとのチュートリアルがわかりやすく案内し、トラブルシューティングを支援します。また、Pipedriveのグローバル開発者コミュニティに参加することもお勧めします。このコミュニティでは他のコミュニティメンバーのサポートを見つけることができます。

さらに、CRMとの新しい連携が気に入ってマーケットプレイスを介して他の方と共有したい場合は、当社にご連絡ください。すぐにセットアップをサポートします!

さらに詳しく
Googleドライブとの同期

Pipedriveにアップロードした添付やファイルの格納先として、Googleドライブを使用します

Gmail用Pipedrive

Gmailで直接Pipedriveデータのシームレスな追跡と更新を行えるようにすることで時間を節約します

Slackとの連携

チーム全体やマネージャーにPipedriveアカウントがなくても、チームのPipedriveアクティビティについて最新情報を提供します

通話の記録

アプリ内通話を、各取引で完了したアクティビティとして自動的に記録します

95,000社を超える企業にぜひご参加ください

いつでもどこでも作業できます

当社のAndroidアプリとiOSアプリでPipedriveのセールスハブをモバイルCRMに変えて、すべてのリード、連絡先および取引をすぐに利用できます。

  • いつでもどこからでもすべての情報にアクセスできます
  • 外出中、通話中または会議中にメモを取ります
  • アプリから直接電話をかけてPipedriveで自動的に追跡します
  • どこにいても、オフラインでも、アクティビティの予定を作成
  • 検索オプションによるフォローアップ前の要約
  • フォーカスビューで1日の計画を立て、最も差し迫ったタスクに焦点を合わせます
  • 携帯電話で写真を撮り、それを取引や連絡先に追加します
  • 「周辺表示」機能を使用して、近くにいる顧客を確認します

連携のメリット

Pipedriveは次のように設計されています:

  • 収益サイクルのすべてのツール間で同期する自動化されたプロセスで時間を節約します
  • ビジネスのニーズを正確に反映するようにセ-ルスワークフローを調整します
  • 275以上のビジネスアプリとあなたをつなぎます
  • オープンAPIを介した新しい連携の作成をサポートします
  • あらゆるソースからのコンテキストデータを通じて情報に基づく意思決定を支援します
  • Pipedrive内からサードパーティのアプリを操作できるようにすることで生産性を向上させます

95,000社を超える企業が利用して175か国以上に展開

連携に関するよくある質問

より多くの販売をより少ない負担で実現。無料でお試しください!

即時にアクセス。クレジットカードは不要です。