PipedriveのCRM APIとの連携と最適化

御社の技術スタック内にあるソフトウェア、システムまたはアプリをPipedriveとつなぎます。当社のオープン API (またはアプリケーション プログラミング インターフェイス) と開発者プラットフォームは、必要なツールを統合して最適化する機会を提供し、データを共有してセールスプロセスを自動化します。

4.5/5

4.2/5

4.3/5

4.5/5

4.5/5

4.7/5

すべてのプランでAPIへのアクセスが無料

APIトークンを入手し、RESTful Pipedrive API v1で無数の可能性を解放しましょう。 Webhook、APIエンドポイント、Postman、Insomnia、クライアントライブラリ、SDKなどから必要なものにアクセスできます。

必要なものを構築して連携する

既存の技術スタックをシームレスに統合し、Pipedriveのマーケットプレイス アプリで収益サイクルを最適化するか、アプリパネルやアプリアクションなどのインタラクティブなアプリ拡張機能を使用して独自のアプリを構築します。

開発者のリソースとツールを使って始める

APIリファレンスと開発者向けドキュメントを参照して詳細を確認し、Githubの開発者コミュニティとAPIクライアントからサポートを得ましょう。

他のソフトウェアとの柔軟な連携

開発者ではありませんか?問題ありません!柔軟なオープンプラットフォームでPipedriveに必要なものは、Zapierアプリやマーケットプレイスの何百ものアプリを使って接続できます。

Pipedriveとソフトウェア、システムまたはSlack、Zoom、Microsoft Teams、Leadfeederなどのアプリ間でCRMデータを同期および共有することは、簡単かつ安全です。

当社のパワフルで柔軟なCRM APIにより、Pipedriveの使用方法は想像できる範囲までに及びます。

Pipedrive CRM APIに無料でアクセス

どのPipedriveプランにも、RESTful APIに無料でアクセスできるAPIトークンが付いています。つまり、Pipedriveの体験を拡張してカスタマイズし、ビジネスプロセスを合理化してCRMソフトウェアの機能と効率を向上させることができます。

  • コールリストと顧客情報を引き出して、コールセンターソフトウェアに表示させます

  • データウェアハウスまたは技術スタック内の他のツールで共有されたカスタムデータをもとに新規リードを作成します

  • 取引が成立するとすぐにプロジェクト管理ソフトウェアを介してアフターセールスチームに新しいタスクを割り当てます

  • マーケティング自動化ツールとコミュニケーションツールを連携することで、ワークフローを合理化して通知を決して見逃さないようにします

以上は多くの可能性の中のほんの一部に過ぎません。CRM APIでのチャンスは無限大です。

既存の技術スタックとの連携

ソフトウェアの機能

1つのプラットフォームにすべてのツール

良いCRMツールにはオープン APIが付いており、お使いのすべてのツールを1つのプラットフォームでつなぐことができます。

PipedriveのRESTful APIと開発者リソースで、Pipedriveとアプリ、ソフトウェアまたはシステムをつなげて連携させることができます。

また、御社やITチームはカスタマイズしたCRMとの連携を構築することで、データを共有してインポートし、ビジネスプロセスを強化することもできます。

ソフトウェアの機能

APIを使用して拡張してカスタマイズする

データの手入力、システム間のインポートやエクスポートはこれ以上ありません! 毎日のすべてのタスクを自動化します。

Zapierアプリを使ってシステムに接続し、情報を配信するウェブフックを作成したり、開発者のリソースを使って独自の連携を構築したりします。

パワフルで柔軟性に富んだAPIには、数百のエンドポイントが含まれる広範なAPIリファレンスがあります。開発者向けドキュメントに加えて、Pipedriveをビジネスニーズに合わせて拡張、カスタマイズすることができます。

PipedriveのCRM APIで企業がセールスプロセスを強化できる方法

SobTICは、PipedriveのCRM APIによりビジネス管理を合理化しました

PipedriveのオープンAPIのおかげで、SobTICのビジネス管理の効率性と効果は上がっています。Slack、Pipefy、Mailchimp、その他の日常的なツールをPipedriveに接続することで、すべての販売と管理データを格納する単一のハブをチームは持つようになりました。

ケーススタディを読む

Vindiは、PipedriveのCRM APIを活用して販売データを統合することでデータレイクを管理しています

Vindiにとって最重要事項は、販売前後のデータのAPI統合について決定することでした。PipedriveのAPIを使用することで、自社プラットフォーム、Zendesk、RD Station、そしてSenseDataを組み込んだ統合システムを構築しました。

ケーススタディを読む

Leni, Leon & die LuchseはPipedriveのCRM APIを使用して自社の技術スタックを接続

Leni, Leon & die Luchseは統合とPipedrive APIの使用を開始した途端に、PipedriveとZapierとすでに使っているツールとのつながりがどれほど強力に実現するのかわかりました。セールスプロセスをさらに強化することができました。

ケーススタディを読む

安全でセキュリティが守られた環境で構築して検証する

当社の安定したAPIは、安全でセキュリティが守られた環境でAPI呼び出しを行うことができます。JSON形式で出力を受信しながら、CRMシステムを完全にカスタマイズし、御社に合った連携機能を作成することができます。目的や対象とするユーザーに応じて作成できるアプリは3種類あります。セキュア認証はOAuth 2.0認証を使用して管理されます。

公開アプリを作成する

公開アプリは、Pipedriveマーケットプレイスのすべてのユーザーがご利用になれます。アプリには独自の公開ランディングページがあり、Pipedriveマーケットプレイスを通じて宣伝できます。

限定公開アプリを作成する

限定公開アプリは、Pipedriveマーケットプレイスの特定のユーザーに対応しています。アプリには独自の非公開アプリランディングページがあり、特定のマーケットプレイスのURLを持つユーザーにのみ表示されます。

非公開アプリを作成する

非公開アプリは同じ会社内のユーザー向けです。プライベートアプリはマーケットプレイスに公開されていないため、御社や開発者は御社のビジネス専用の連携を開発することができます。

当社のAPIドキュメント、開発者のリソースおよびツールが御社の工程を助けてくれます

APIリファレンス開発者ドキュメントに加えて、APIへのアクセスと使用を支援する多数のコネクターツールがあります:

  • PHP、JavaScript(Node JS)、Python、.NETおよびRuby用のGithub上にあるPipedrive API顧客ライブラリとSDK

  • Postman、Insomniaまたは任意のAPIツール用のすぐにインポートできるOpen API 3仕様ファイル

  • すべての変更、特に重大な変更に関する最新の変更ログ

セキュリティを念頭に置いて構築する

すべての開発者がREST APIとCRMアカウントのセキュリティを懸念していることを当社は知っています。そのため、当社はAPIをロックとキーの下に置いています。

Pipedrive API へのアクセスは、OAuth 2.0を使用する場合のみ、API キーまたはアクセストークンを使用できます。Pipedriveはディスクを暗号化し、ネットワーク外からHTTPSを強制するだけでなく、データベース内の特定のデータも必要に応じて暗号化されます。

当社はすべてが安全であることを確認するために、OWASPフレームワークで概説されている厳格なセキュリティアプローチを反映しました。さらに、オブジェクトレベルの認可の不備やユーザー認証の不備などの問題を追跡することで、API を安全に保つための追加の手順を実行します。

当社のセキュリティについてさらに詳しく

CRM APIを使って今すぐセールスの強力な組織を作りましょう!