ウェブフォーム:リード生成を強化する

ウェブフォームを使用する理由とは?

見込み顧客がウェブサイトにたどり着いて連絡手段がないと、どこかに流れていってしまうかもしれません。

インバウンドリードに自身の連絡先情報を共有する簡単で信頼できる方法を提供します。Pipedriveのウェブフォームは直感的に構築でき、高度にカスタマイズ可能なフォームをウェブサイトやソーシャルメディアに共有したり埋め込んだりして、リードを引きつけます。

sPipedriveのウェブフォーム機能は、LeadBoosterアドオンの一部としてチャットボットやライブチャット、プロスペクターとともに利用でき、すべてのPipedriveのCRMプランに追加できます。

LeadBoosterアドオンを含めて月額$32.50 から14日間無料で試す

4.5/5

4.2/5

4.3/5

4.5/5

4.5/5

4.7/5

ウェブフォームツールで見極めるべき点とは?

適切なセールスリードフォームツールは次の機能を提供しているはずです:

  • 柔軟なフォーム共有: ランディングページにフォームを埋め込み、メール連絡先に転送し、ソーシャルメディアに投稿します。
  • 合理化されたワークフロー:リード データを取得したら、統合されたCRMを使用してリードをセグメントにグループ化し、自動マーケティングフォローアップを送信してセールスチームにタスクを割り当てます。
  • 実用的なデータ分析:データから値を引き出し、時間の経過とともにセールス戦略を改善します。
  • 複数あるフォームの種類:フィードバック調査、コンテストへのエントリー、オプトインなどでリードを簡単に生成し、顧客基盤を育みます。
  • 同期されたやり取り:連絡先情報をCRMに保存して、必要に応じて更新したり、電話のスケジュールを設定したり、パイプラインを通じて見込み顧客を移動したりできるようにします。その後、セールスチームはリードの進捗状況をすばやく表示し、やり取りの履歴を追跡できるようになります。

Pipedriveのウェブフォーム機能

完全にカスタマイズ可能

カスタマイズ可能なウェブフォームデザインでフォームをブランドに合わせて調整します。重要なリード情報を収集し、セ-ルスパイプラインに直接導きます。

さまざまな共有方法

ウェブページのフォームをウェブサイトに埋め込み、連絡先に転送してソーシャルメディアに投稿または共有します。

リードを取り込み保存

カスタムフィールドを使用して、最も重要なデータを収集します。連絡先をリードまたは取引としてPipedriveにインポートし、アウトリーチの取り組みに優先順位を付けます。

シームレスなCRMとの連携

データを新しい見込み顧客または取引として自動的に保存し、セグメント化し、メール通知を受け取ってチーム向けの実用的なワークフローを設計します。

セキュアなデータ保護

サードパーティのアプリを必要とせずにCRMと直接やり取りすることで、データ漏洩のリスクを軽減します。

アクション可能なデータ

フォーム送信の傾向を特定し、情報に基づいたセールス戦略を作成して収益の機会を拡大します。

ウェブフォームをカスタマイズ

ソフトウェアの機能

カスタマイズ可能なフォーム

ウェブフォームは御社を代表するものであるべきです。これは、御社を表す外観にふさわしいだけでなく、セールス担当者がリードを取引に変換するための情報を収集する必要があることを意味します。必要な情報はリードの名前、メールアドレスおよび電話番号だけですが、時にそれでは不十分な場合もあります。

ウェブフォームを使用すると、視覚的なテンプレートの1つを使用するか、最初から連絡フォーム、アンケート、登録フォームなどを構築してカスタムコンテンツフィールドを追加することができます。さらに、各リードに関する特定の情報を収集するためにフォームをカスタマイズすることができます。見込み顧客に質問して評価し、彼らの興味レベルを測定し、パーソナライズされたセールスアプローチで的を絞ります。フィールドだけでなく、「送信」ボタンやreCAPTCHA、取引成立ページも調整できます。

ソフトウェアの機能

さまざまな共有方法

ウェブサイトにフォームを埋め込むためにコンピュータサイエンスの学位は必要ありません。Pipedriveのウェブフォームは、作成から配信に至るまで、ウェブフォームの手間を省きます。

ウェブフォームをウェブサイトに埋め込み、メールデータベースへのリンクを送信するか、ソーシャルメディアやパートナーのウェブサイトで共有します。1つの媒体またはすべてを選択して、自己流で進めましょう。

ソフトウェアの機能

リードを獲得してCRMに直接保存する

見込み顧客が複数のチャネルからフィードインする場合、フィルタリングされていないリードが大量にあると、アウトリーチの取り組みのパーソナライズやターゲットを絞ったキャンペーンが困難になる可能性があります。ウェブフォームはCRMと連携して、リード生成プロセス全体を合理化します。

顧客がフォームに記入すると、そのデータはCRMのデータベースに自動で同期されます。リードがPipedriveに保存されたらカスタムセグメントを使用して、連絡先を場所や購入者の行動などでグループ化し、マーケティングチームがすべての人口統計に到達できるようにします。

ソフトウェアの機能

シームレスなCRMとの連携

複数のリード生成、マーケティングおよびセ-ルスツールのバランスを取ることは、ビジネスにとって計画実施の痛手になるおそれがあります。複数のデータソースが部門に散在していると、フォローアップ時間が長引き、リードが冷え込んでしまう可能性が高くなります。

CRMと同期するウェブフォームを構築することでその手間を省きます。データはパイプラインに直接フィードされ、新規取引として自動で保存できます。ここで、連絡先をセグメント化し、メール通知を受け取り、チームの実用的なワークフローを設計できます。

ソフトウェアの機能

安全なデータ保護

セキュリティは、すべての企業にとってビジネス上の主な懸念事項の1つです。最高基準を守らないと、顧客を失ってしまうかもしれません。

ウェブフォームは、CRMと直接やり取りすることにより、サードパーティのアプリの必要性を排除してデータ漏洩のリスクを軽減します。

LeadBooster add-on

Get more leads with this powerful and easy-to-use lead generation toolset. In addition to Chatbot and Live Chat you can engage inbound leads with your Web Forms, or find outbound leads with Prospector. LeadBooster can be added to any Pipedrive CRM plan. This add-on includes:

チャットボット

ライブチャット

プロスペクター

ウェブフォーム

チャットボット

ライブチャット

プロスペクター

ウェブフォーム

から開始する

$32.50

年払いの場合は 1 企業、1カ月あたり
または月払いの場合は1 企業、1カ月あたり$39

RMSがウェブフォームでより多くのウェブサイト訪問者を引き付ける方法

Reliability Maintenance Solutions(RMS)は、リード生成プロセスが壊れているせいで販売の機会を逃していました。

RMSはPipedriveに切り替えた後、そのフォームのデザインをPipedriveのウェブフォームに置き換えました。これで、ウェブサイト訪問者は、フォームのドロップダウンメニューで数回クリックするだけでトレーニングサポート製品を注文できます。

「このウェブフォームは素晴らしく、私が求めていることを実行してくれます。」

ケーススタディを読む

より多くのリードを生成するウェブフォームの作成方法

1.人目を引くフォームを作成する

ウェブフォームをブランドに合わせて、リードにとって魅力的で信頼できるものにします。フォームビルダーでテーマやスタイル、テンプレートを簡単にカスタマイズすることができます。

フォームをデザインしたら、次は収集したい情報を選択してください。

2.フォームの共有や埋め込みを行う

リンクでフォームを共有するか、ウェブページにフォームを埋め込みます。

Pipedriveのリードと取引の管理機能で、連絡先をインポートし、プロファイルを取引に一致させ、カスタムフィールドをもとに顧客をセグメント化するなど、データの並べ替えという手間のかかる仕事を処理してくれます。

ウェブフォームに関するよくある質問

100,000社を超える企業が利用して179か国以上に展開

シンプルなウェブフォームでリード生成を今すぐ始めましょう!