スモールビジネス向けCRM

スモールビジネス向けCRMで売上を拡大する

ビジネスの成長に合わせてリードを管理し、適切なタイミングで取引に飛びつき、長期的にわたる関係を育みます。スモールビジネス向けのPipedriveのCRMでマルチチャネルデータを一元化して面倒なプロセスを自動化することで貴重な時間を取り戻します。

フルアクセス。クレジットカードは不要です。

Pipedriveがスモールビジネスに最適なCRMソフトウェアである理由

顧客関係管理(CRM)ソフトウェアにより、中小企業はリード、見込み顧客、既存の顧客およびパートナーなど最も重要な社内外の関係に集中できます。

売上を伸ばしてスモールビジネスを成長させる上でPipedriveのCRMソリューションが最良の手段である理由は次のとおりです。

パイプラインを視覚化

売上を完全に可視化し、進行中の取引を追跡します

  • 簡単なドラッグ&ドロップインターフェイスでパイプラインを整理します
  • すべての販売優先度を確認し、勢いを一目で判断します
  • セールスダッシュボードでセールスパイプラインの統計を分析し、改善が必要なエリアを確認します

反復的なタスクを自動化

ワークフロー自動化で管理作業の時間を節約し、販売により時間を費やします

  • Pipedriveのセールスアシスタント機能でパフォーマンスのヒントと推奨される連携を知ります
  • 新規取引の作成からパーソナライズしたメールの送信まで、時間のかかるタスクを自動化します
  • スマート連絡先データで貴重な顧客情報を自動的に発見します

セールスの会話を追跡

堅牢なメッセージング機能を持つリードと顧客を育成します

  • 顧客に関するすべての通話、メールおよびアクティビティの履歴を表示します
  • 見込み顧客がメールを開いたり、リンクをクリックするたびに通知されます
  • 御社と見込み顧客の空き時間を共有し、都合の良い時間に通話の予定を入れます

スモールビジネス向けCRMとは?

スモールビジネス向けの顧客関係管理は、ワークフローと連絡先の管理を合理化するよう支援します。プロセスの自動化を使用し、個人的なカスタマーサポートや取引の成立など、最も重要なことにより多くの時間を費やすことができます。

複数のデバイス間で同期する

スモールビジネスのオーナーは信じられないほど多忙です。最高のCRMソフトウェアでは、重要なデータや顧客からの問い合わせにあらゆるデバイスでアクセスできます。

キャッシュフローを監視する

スモールビジネスは予測できるキャッシュフローを当てにしています。CRMを会計ソフトウェアと連携して、請求書を自動化、支払いのリマインダーを予定、そして収益を正確に予測します。

貴重な社会的信頼の証を集める

権威性を構築するために顧客からのフィードバックを用意します。ソーシャルメディアチャネルにキラリと光る推薦文を表示し、満足している顧客を紹介者を生み出す人に変換します。

セグメント化でマーケティングを最適化する

スモールビジネスCRMはオーディエンスをセグメント化するため、適切なメッセージでそれぞれの顧客にリーチできます。パーソナライズされたロイヤリティを構築するメールマーケティングキャンペーンを作成します。

プロジェクト管理を向上させる

データの手入力を強力な自動化プロセスに任せます。セ-ルスチームに手短かに説明してフォローアップを予定し、スモールビジネス向けオンラインCRM上でリード管理を監視します。

データ分析情報を活用する

さまざまな販売メトリクスに合わせてダッシュボードをカスタマイズします。個々の製品の実績を監視し、それに応じて在庫とセ-ルスプロセスを調整します。

スモールビジネスにとってCRMが重要な理由とは?

顧客はスモールビジネスの生命線です。より多くの取引を成立させて関係を構築するにつれて、顧客を追跡して素晴らしい体験をお届けすることがどんどん難しくなります。

スモールビジネスに適したCRMソリューションは、一元化されたデータハブを作成し、ワークフローの機能を強化してマーケティングの自動化によってアウトリーチの取り組みを強化します。

パイプライン管理を合理化する

リードは複数のチャネルから御社の事業と関わります。あらゆる方向から来る問い合わせやミーティング出席依頼、リファラルにすぐに圧倒されるかもしれません。

Pipedriveのスモールビジネス向けCRMは、視覚的なパイプラインにリード情報を保存して更新します。進捗状況をリアルタイムで追跡し、見込み顧客がセールスファネルを進む際に関わります。

Pipedriveでリードと取引を監視

ワークフローと財務を自動化して使いやすくする

記録や請求書、分析情報に関するクラウドベースのハブを構築することで、チームの貴重な時間を節約できます。

Pipedriveは、繰り返しばかりの事務処理作業を処理し、AIやアプリと連携して財務を合理化します。スプレッドシートで悩む時間を減らし、重要なセ-ルス活動に集中します。

Pipedriveに運用を最適化させる

どこからでもスモールビジネスを経営する

スモールビジネスに最適なCRMソフトウェアは、常にデスクにいることを求めません。

Pipedriveは、お気に入りのモバイルアプリと同期して遠距離からでも作業できるようにします。GmailやOutlookを介して顧客と関わり、カレンダーのスケジュールを表示してモバイルデバイスから優先度の高い作業が締切りになると通知が届きます。

Pipedriveでどこにでも仕事を持ち込む

スモールビジネス向けCRMの機能とは?

スモールビジネスに適したCRMプラットフォームでは、顧客の関与を維持し、パイプラインのカスタマイズを活用して手間がかかるだけの仕事を自動化できます。

  • 適格なリードを育んでブランドロイヤリティを確立する
  • マルチチャネルデータを取り込んでeコマースプラットフォームにフィードする
  • マーケティングとソーシャルメディアに関する取り組みの効果を監視する
  • カスタムフィールドを使用して購入者プロファイルをインポートする
  • 会計ソフトウェアで支払いワークフローを統合する
  • 貴重な企業データをクラウドに安全に保存する
  • 満足のいくよう設計されているパーソナライズされたメッセージを送信する
  • 詳細な分析と洞察の入ったレポートを作成する
  • レポートデータから重要な決定を下す
  • すべてのやり取りとリード管理について視覚的なパイプラインを構築する

スモールビジネス向けCRMシステムで見極めるべき点

スモールビジネス向けに候補のCRMツールを評価する際は、以下の重要な4点について問いかけてください。

  • 1. 使いやすいですか?

    CRMが複雑すぎると、使用されません。適切なCRMにより、最初のセットアップからデータのインポート、営業活動の記録、結果の分析まで、セールスプロセスの最適化が簡単になります。

    ユーザーフレンドリーなCRMとは、セールス担当者のトレーニング時間を短縮し、インパクトの高い営業活動に多くの時間を費やすことができるものです。

    Pipedriveの使いやすさにより、どのように理想的なSalesforceの代わりになるのか見てみましょう。

  • 2. 御社のビジネスにカスタマイズすることができますか?

    CRMに合わせて働き方を変えないでください。その代わりに、特定のビジネススタイルに合わせて調整できる柔軟なCRMを探しましょう。

    PipedriveのAPIでカスタマイズされた情報を取得し、パイプラインを編集して機能をさらに拡張します。

    Pipedriveの高度なカスタマイズの選択肢がMondayの代わりとしてどのように優れているかご確認ください。

  • 3. 費用はいくらですか?

    一部のプロバイダーは無料CRMプランを提供していますが、有料プランに重要な機能が隠されています。その他のプロバイダーは、必要になることのない機能を含めることで高い費用を正当化しています。

    必要なユーザーとアドオンのみに支払う透明な価格を探しましょう。

    Pipedriveの費用対効果の高い価格がどのようにして人気のHubSpot CRMの代わりになるかご確認ください。

  • 4. カスタマーサポートはどうですか?

    カスタマーサポートを使用する必要がなくても、24時間体制で信頼性の高いカスタマーサポートにアクセスできることを把握しておくのは良いことです。

    一部のCRMプロバイダーは、サポートの追加料金を請求するか、平日のみ提供しています。Pipedriveでは24時間年中無休です。つまり、多くの地域で1日中いつでもどのプランでもヘルプデスクにアクセスでき、平均応答時間はわずか2分間しかかかりません。

    Pipedriveのカスタマーサポートが素晴らしいZoho CRMの代わりになる理由をご確認ください。

スモールビジネス向けCRMソフトウェアのセットアップ方法

  • 1.カスタムフィールドを使用して顧客データをインポートする

    スモールビジネスでは、さまざまなタッチポイントで大量のリード情報が生成されます。一元化されたハブがないと、重要な顧客情報の検索が困難になるおそれがあります。

    Pipedriveをセットアップする際は、CRM機能を現在のプロセスにマッピングしてください。カスタムフィールドを使用して、既存のデータをインポートして独自のセグメントを作成できます。購入者の行動と購入履歴を分析することで、顧客をグループ化してアウトリーチ戦略を構築します。

  • 2.スモールビジネス向けCRMソリューションにやり取りを記録する

    データの手入力とやり取りの追跡を行っていると、ビジネスの成長が遅れてしまうおそれがあります。

    顧客が持っているすべての連絡先をオンラインと対面の両方で御社の事業につなぎます。ライブチャット履歴、チャットボットの問い合わせ、メール、そしてウェブフォームをCRMと連携することで、やり取りの俯瞰的な概要を入手します。

  • 3.ダッシュボードで重要な部門を区分する

    スモールビジネスに最適なCRMは、御社に合わせてカスタマイズできるものです。分析情報とレポート機能では、事業におけるさまざまな運用に関するカスタムダッシュボードを作成できます。

    得意顧客から1回限りの購入を切り離す場合でも、季節限定のプロモーションを通常の販売と別にする場合でも、Pipedriveを使用すると最も関心のある指標の詳細なレポートができます。

  • 4.定期的な購入を促進する

    長期にわたる収益性の高い関係を顧客と構築するには、関連する製品で顧客をターゲットにします。

    Pipedriveのスモールビジネス向けCRMはワークフローの自動化を使用して、販売後のやり取りから面倒を取り除きます。似た製品を自動でフォローアップし、購入履歴をもとに提案します。

スモールビジネスにCRMを使用することの課題とメリット

スモールビジネスCRMでよくある障害:

  • 古いレガシーシステムでの立ち往生
  • 切り替えの時間とコストに対する不安
  • チーム内での採用に関する不安
  • 適切な価格設定の発見に対する苦労

CRMがスモールビジネスを後押しできる方法:

  • 適格なアクティビティでの取り組みに日々集中する
  • すべてのやり取りをパーソナライズして関係を育む
  • 御社固有のデータで事業上の決定すべてをバックアップする
  • 最前線の現場に販売の機会をもたらす

適切なCRMプロバイダーの発見

古いレガシーシステムから最新のCRMに大きく飛躍したように感じるかもしれません。Pipedriveの直感的なユーザーインターフェイスは、事業プロセスにシームレスに溶け込むように設計されています。セールス担当者は手作業の事務処理の心配がなくなると、収益を伸ばすためにより多くの時間を持てるようになります。

最高のスモールビジネス向けCRMソフトウェアは、コストを上回るソリューションを提供します。トップのスモールビジネスCRMは、ユーザーあたりの価格設定や年間サブスクリプションの削減など、組織の規模に基づいた価格設定のオプションを提供します。

ユーザーあたりのコストと、より多くの時間とより良いフォローアッププロセスで得られる追加の収益を比較検討することで、CRMが御社の事業にどれほど有益か正確に把握しましょう。

Pipedrive CRMによりAccentuateが年間収益を10倍にした方法

Accentuateはもともとスプレッドシートを使用して新しいリードと顧客データを管理していましたが、そのためにチャンスを逃していました。

Pipedriveへの切り替えはすぐ簡単にでき、事業ニーズに合わせて拡張できるCRMシステムを提供しました。Pipedriveを採用して以来4年間で、Accentuate社はチームを大幅に成長させ、収益を1000%増加させました。

「現代のビジネス分野での競争に真剣に取り組むには、顧客基盤を効果的に拡張して管理できる必要があります。そして、顧客基盤を効果的に拡張して管理したい場合は、PipedriveのようなシンプルなCRMが必要になります。」

ケーススタディを読む

新しいスモールビジネスCRMを採用する方法

抵抗が最も少ない経路を生み出すために、CRMの採用においてチームに関与してもらいます。スモールビジネスやスタートアップ向けのCRMへのスムーズな移行を保証するためにできる3つのことはこちらです。

CRMを使用するメリットを伝える

チームの日々の業務にCRMがもたらす直接的なメリットを説明すると、前向きな反応が得られる可能性が高くなります。

例えば、CRMがチームの販売ノルマと仕事満足度に与える影響に関する内容にメッセージをフォーカスしてください。

チームをCRMの選択に参加させる

選択肢を絞り込んだら、チームに意見を求めます。無料トライアルを利用して、システムを使用したいと思うかフィードバックを収集してください。

チームの意見を意思決定プロセスに含めて、その採用に労力を投資してもらいます。

改善点を計画する

CRMが既存のプロセスとツールをどのように置き換えることができるのか、その例をチームに示します。

例えば、PipedriveのようなCRMがリード情報を自動でインポートするのでその情報を探しに行く必要がないことをチームに示してください。

連携によりスモールビジネスをより効率的にする

やり取りとデータ管理のツールで内部での運用を簡素化します。強力な自動化でワークフローを強化します。

スモールビジネスの売上追跡などに不可欠なサードパーティの連携の一例はこちらです。

Outfunnel

マーケティングとセ-ルスを調整してよりスマートに販売します。ウェブサイト訪問やメール、フォームをCRMシステムに記録し、何気なく閲覧した人を得意顧客に変換します。

PipedriveとOutfunnelでのチャンスをぜひご活用ください。

Zapier

スモールビジネスでツールを切り替える上でかかる時間を短縮します。PipedriveはZapierと連携し、1か所の中央ハブで3,000を超える他のアプリやプラットフォームに接続します。

ZapierとPipedriveでワークフローを自動化しましょう。

CallMate

通話を録音し、ボイスメールを設定、Pipedrive内に通話キューを実装します。CallMateは、スモールビジネスに手頃な価格でバーチャル通話システムを提供します。

CallMateでやり取りを簡素化しましょう。

Dryrun

経理部門をサポートして次の動きを計画します。貴重な財務データをCRMにインポートし、キャッシュフロー、予算、売上を予測します。

PipedriveとDryrunでの財務管理方法をご確認ください。

Maileon

ニュースレターキャンペーンをデザインし、メールをスケジュール、強力なランディングページエディターを展開します。Maileonは手作業での処理に関連するエラーを取り除き、貴重な時間を節約します。

Maileonでスモールビジネスを次のレベルに引き上げましょう。

Zoom Meetings

Pipedriveから直接、Zoom通話の予定を入れ、開始して管理します。通話中には最新の連絡先と取引情報が手に入ります。

Zoom MeetingsとPipedriveでビデオ通話をレベルアップしましょう。

スモールビジネス向けCRMに関するよくある質問

  • スモールビジネス向けCRMで何を達成することができますか?

    スモールビジネス向けCRMは、顧客関係のあらゆる側面を管理するよう支援し、セールスプロセスを最適化して顧客のニーズをよりよく反映することができます。

    典型的なCRM機能には連絡先管理、取引の追跡および売上予測があります。

  • 私のスモールビジネスにCRMツールは必要ですか?

    規模に関係なく、すべての企業は顧客関係を管理する必要があります。

    一部のスモールビジネスは最初、メモやメール、スプレッドシートを使用しようとするかもしれませんが、これでは詳細を見逃したり、チャンスを逃したりする可能性があります。

    スモールビジネス向けの専用CRMソリューションでは、可能な限り最高のカスタマー エクスペリエンスを提供するために必要なすべての情報を確実に入手できます。

  • どのような種類のCRMを利用できますか?

    CRMは、運用、コラボレーションおよび分析の3つのカテゴリに分類できます。

    運用システムは、プロセスを最適化するように設計されています。コラボレーションCRMは、セールス、マーケティングおよびサポートのチームをまとめるよう支援します。分析CRMは、データを収集し分析するために構築されています。

    スモールビジネスでは、Pipedriveのような強力な運用機能を持つCRMが理想的です。

管理に費やす時間を減らして貴重な顧客との関係を構築する