大学・高等教育機関向けCRM

Pipedriveの大学向けCRMソリューションを使用して、出願率を上げて学生とスタッフのやり取りを改善しましょう。世界中のさまざまなプラットフォームでの利害関係者とのやり取りすべてを追跡します。

大学向けCRMとは?

大学での顧客関係管理(CRM)は、すべての連絡先の包括的な視点を提供することにより、学生の募集、登録、出願、そして引き留めをスムーズにする上で役立ちます。適切なタイミングで連絡を取り、学生期間中に素晴らしい体験を提供してください。

コースのコミュニケーションをカスタマイズする

入学希望者と現役学生とのカスタマイズされたコミュニケーションを生み出します。学生期間中の意味のあるタッチポイントで競争を勝ち抜いてください。

すべての関係を育む

学生、スタッフ、卒業生、そして寄付者との関係を促し、発展させて構築します。 利害関係者のサポートを最適化することにより引き留めを進めます。

リモートの柔軟性を有効にする

学生とスタッフに柔軟なオンラインエコシステムへのアクセスを提供します。世界中どこからでも学習にアクセスできるようにし、あなたの大学の将来性を保証します。

登録プロセスを自動化する

更新を自動化して適切な学生に適切なタイミングでリーチします。提出のリマインダー、面接日、オファーレターを遅滞なく送信します。

寄付者のサポートを強化する

寄付が与えている影響を卒業生に示します。寄付者と協力して大学の収入の流れに貢献しましょう。

学生がどこにいても話しかける

学生がすでに使用しているツールやプラットフォームと大学向けCRMを連携します。ソーシャルメディアとの連携によりシームレスなやり取りを実現します。

大学向けCRMが登録者を増やす上で役立つ方法

強力なコミュニケーションは、より多くの学生を引きつけて他大学と競争するための鍵となります。より多くの学生がリモートで授業に参加するようになったことから、一貫性があり、信頼性が高く、関連性のあるやり取りを提供することが重要になっています。

大学向けCRMソリューションにより、学生とスタッフは同様に学生期間中の完全な概要を把握できます。どの出願、タッチポイント、やり取りも1か所で見つけることができます。

Pipedriveは、スケジューリングツール、リマインダー、電子署名機能で登録候補者をサポートし、摩擦なしで出願を完了することができるようにします。学生、スタッフ、卒業生に優れた道筋を提供するために必要な分析情報を得てください。

最も多くの学生を呼び込んでいるチャンネルを理解する

チャンネルの測定値から最も優秀な学生がどこから来ているのか分析情報を得てください。募集活動を最適化して登録者数を増やしましょう。

Pipedriveを使用して詳細なレポートにアクセスすることで、より多くの入学希望者にリーチするデータ主導の意思決定を行うことができます。

大学向けCRMシステムに関するPipedriveの分析情報とレポートについて確認する

出願の過程ですべての学生の情報を最新の状態に保つ

出願から入学許可までの自動化されたマイルストーンで優れたユーザーエクスペリエンスを生み出します。登録の各段階で何も手を加えることなく何千人もの入学希望者を簡単に更新できます。

Pipedriveの大学向けCRMソフトウェアでは、出願者からの不安なメールや出願漏れが起こりません。

Pipedriveで出願プロセスを自動化する方法について確認する

柔軟な連携でより多くの学生にリーチする

人気のモバイルアプリを大学向けCRMに直接つないで、外出中の学生がいつでもどこでも簡単に連絡できるようにします。

Pipedrive内からアプリをインストールして連携することで、時間と労力を節約できます。必要なツールすべてを1か所でシームレスに接続します。

Pipedriveが柔軟性を維持する方法について確認する

大学向けCRMソフトウェアの機能とは?

何年にもわたる教育を通じて数十万人の学生をサポートすることは複雑なものになる可能性があります。Pipedriveの大学向けCRMソフトウェアを使用すると、学生期間中のあらゆるタッチポイントでサポートを簡単に提供できます。登録から卒業まで、CRM内から募集とやり取りを管理しましょう。

  • 出願プロセスに合ったパイプラインを構築して登録を合理化します
  • すべての学生のコース選択、成績、経済的支援および住居契約などの情報を記録します
  • すべての学生、卒業生、寄付者および彼らのやり取りの履歴に関する概要を取得します
  • 大学全体で使用されているツールと連携してZapierで登録の自動化を構築します
  • 入学許可のオファー、SMSの更新およびコースのリマインダーを自動化してすべての学生の情報が最新の状態に保たれるようにします
  • 開封率やクリック数などのメールアクティビティを追跡して出願者と学生が学校にどのように関与しているか確認します

大学向けCRMを始めるには

  • 1. カスタムフィールドを使用して、出願者、学生、教師および卒業生のセグメントを作成する

    Pipedriveに初めてログインすると、登録パイプラインが視覚的に表示されます。この画面では、出願段階をカスタマイズして新規オファーのフローを構築することで、すべての学部の学生を管理できます。

    登録サイクルの段階に合わせてインバウンドの問い合わせ用のさまざまなパイプラインワークフローを作成してください。入学希望者が出願する可能性と、すぐに注意を払う必要のあるアクティブでない学生が出願する可能性が視覚的にわかるようになります。

  • 2. 新規の登録フォームと出願段階を大学向けCRMに統合する

    学生が学校と接触するたびにCRMに収集、管理、保存されます。電話がかかってくるか、出願フォームが送信されるとすぐに、すべての登録データが完全に見えるようになります。

    出願が確実に順調に進むよう、登録に対してタスクと期日を自動的に割り当てます。Pipedriveの大学向けCRMで学生のやり取りを管理することにより、登録と引き留めの問題を診断して解決します。

  • 3. 主なタッチポイントを含む出願のフォローアップワークフローを構築する

    学生を登録するには、タイムリーで関連性のある情報をフォローアップする必要があります。さまざまな登録ポイントにいる何千人もの学生に対してフォローアップを手作業で行うと、時間がかかる上に混乱を招きます。

    大学向けCRMソリューションでワークフローを自動化することにより、これらのタスクが自動で実行されます。パーソナライズされたメールでの更新情報を自動的かつ大規模に送信し、適切な学生に適切な情報を適切なタイミングで提供します。登録担当者のアクティビティを合理化し、日常から定型業務を取り除きましょう。

  • 4. 新規の学生に向けてマーケティングキャンペーンを設定する

    学生期間を通して学生を育むには、パーソナライズされたメッセージを送信できることが必須です。募集キャンペーンを登録の動機に合わせるということです。

    出願者のセグメントを設定したら、自動作成されるメッセージで時間を節約してキャンペーンの的を絞ります。登録の進行状況について透明性のある最新情報を提供し、クラブや学生会などの大学のプログラムに参加するよう促しましょう。

強力な連携で大学のワークフローを合理化する

適切な連携により大学の管理が強化されます。メールやSMS、カレンダーを接続して登録プロセスを合理化し、電子署名ツールを使用してオファーを確認します。

すべての大学が恩恵を受けられる重要な連携の一例はこちらです。

Outlook

Outlook、Google、iCloudなどのメールプロバイダーからのすべての連絡先を同期します。一方向または双方向の同期を選択し、Pipedriveに直接つないで管理します。

PipedriveのOutlookとの連携について確認する

Googleカレンダー

カレンダーとの簡単な連携によりミーティングの見逃しは起こりません。Pipedriveに空き状況を入力し、連絡先が自動的に予定を予約できるリンクを共有します。

PipedriveのGoogleカレンダーとの連携につい て確認する

Microsoft Teams

Microsoft TeamsをPipedriveに接続することにより、大学スタッフがより効率的に作業できるようにします。通知を受け取り、ビューをスケジュールし、ファイルをすべて1か所で共有します。

PipedriveのMicrosoft Teamsとの連携で機能を改善する

DocuSign

Pipedriveのダッシュボードからテンプレートを選択することで安全にオファーを送信します。学生は外出先で入学許可フォームに電子署名するためのリンクを受信します。

PipedriveのDocuSignとの連携により学生を登録する

Zapier

Zapierを使用して3,000を超える他のアプリやプラットフォームをPipedriveに接続します。Zapierは、Pipedriveがさらに優れた登録ハブになる助けとなる自動化ツールです。

PipedriveのZapierとの連携をさらに活用する

JustCall

ワンクリックで電話やテキストメッセージを送受信できます。JustCallをPipedriveと連携することにより、ダッシュボードから直接すべての通話を発信、転送、追跡できます。

PipedriveのJustCallとの連携によりつながりを保つ

管理業務は時短して、学生に登録してもらうためにより多くの時間を費やしましょう!